ネット経由で情報収集するというのも不可能ではありませんが…。

この解決方法としては、資料請求の段階で「〇〇万円台」などといった感じで、予算条件で請求先メーカーを絞り込めるシステムが用意されているサイトで資料の申し込みをすると希望通りの結果を出しやすくなります。
ネット経由で情報収集するというのも不可能ではありませんが、あまりにも膨大な情報を受け止めきれず、取捨選択の線引きを見つけられない、といった事態もよく発生しています。
計画の取っ掛かりは、各住宅メーカーや工務店に関する宣伝資料を自宅で集めておいてから住宅展示場へ行けば、下情報があるぶんスムーズに交渉を仕掛けられる優位性が生まれるのでおすすめの交渉術です。
申し込み時の備考欄・その他の欄に「電話・訪問による直接的なアプローチはご遠慮ください。」とはっきり書いて申し込むことで、親身に考えてくれる業者は無配慮に営業したりせず資料だけを送ってきてくれるのです。
オールインワンで資料請求出来るサイトは、国内各地の住宅メーカーから自分の街の工務店まで個性に富んだ関連会社のデータが蓄積されており、マイセンサーにピクン!ときた会社の資料を入手可能です。

そして、収録ハウスメーカーごとの坪単価といった料金目安や関わった家の施工事例、間取りの特徴などが閲覧可能なので、資料請求の参考として多くなり過ぎない範囲で良さそうなメーカーをキープ出来ます。
このサービスを上手く使えば前もって費用を把握することも出来るようになるので、可能な予算を考慮に入れてリスクを抑えて依頼先のメーカーを選択出来るようになります。
各種カタログや間取り集などの資料には現場写真や販売メーカーの優位性が示され、各社ブランドの完成イメージやだいたいの特徴を掴めるようになっています。
これは家づくりの実情が関係しており、条件が複雑な敷地がある場所の環境や床面積、付帯設備の種類や間取りの関係で坪単価が上下するので、費用面はカタログからでは判然としないでしょう。
期待に胸膨らませながら目星をつけた会社へ資料請求しても、悲しいかな、その会社の担当者から「当社では対応出来ないエリアです」と痛烈なカウンターパンチが来ることがあったりします。

やむを得ず入力すると、各社から営業の電話や訪問セールスが来てしまうこともあるようです。傾向としては、営業よりも作業で売る工務店よりは営業に人手を割けるハウスメーカーの方が電話・訪問される率が高くなっているのが目立ちます。
顧客対応が丁寧な企業だと、手書きの温かいセールスレターをセットに含める嬉しいケースもあるので、そんな出来事でも担当スタッフの対応姿勢などを推察できます。
テレビCMなどでおなじみの「SUUMO」もライフルホームズと並んでおおよその価格や間取りの例、建物や設備の性能、デザインパターンなどでメーカーを限定して検索することが出来るシステムが用意されています。
実費でわざわざ住宅情報誌を買い漁って補完するまでしなくても、より詳しいメーカーカタログには水回りや動線考察などの最新の情報が、各部が写った写真と詳しい解説付きで収録されています。
こんな方法でまずはいったん理想的な間取りを作ってもらえば、試したいメーカーごとに間取りプランの概要をゼロから教えるムダを省けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました