しかしユーザーの中には…。

資料請求サイトの中でも有名な「ライフルホームズ」は、想定費用や希望する間取り、機能や性能、見た目のデザインなどで家づくりの相談をしたい依頼先を素早く検索出来るのが秀逸。
しかしユーザーの中には、多くの業者がこぞって開設している資料請求を一括でさせてくれるサイトのうちどの業者のサイトを活用すべきか頭を悩ませているマイホーム希望者も少なくないのが現実ではないでしょうか。
一括資料請求可能なサイトから資料請求した時、各社の担当者のやり方で資料が送られてきますが、この後手元に届く資料の内容の良し悪しは担当者ごとに変わります。
費用コストの見積りも計算してもらえるので、おおよその範囲の費用プランや間取りプランを参考にした上で詳しく検討したい方、持っている土地に新築する計画を進めたい方にメリットが多いサイトです。
郵送で手に入るPR資料の中でひときわ輝いて目を通すべきものが、今までにその住宅メーカーで作り上げた家を詳しく知ることが出来る物件ごとの施工事例集です。

地域でマイナー展開している施工業者などはあまり登録されず、大小無関係に全てのハウスベンダーや工務店のリストをコンプリート出来るとは限らないのが現実です。
WEB経由でリサーチももちろん可能ですが、あまりに多い情報量から、正確な情報があやふや、というケースもそこかしこで見かけます。
同じ住宅メーカーでも担当者次第でユーザー対応のクオリティがガラッと変わります。請求先のスタッフと会わずに情報を集められる代わりに、担当者を選ぶ自由がないのはネックになるのが現実です。
家づくりを相談したい会社の見つけ方の見当がチンプンカンプンという方、住みたい家のスタイルやだいたいのイメージがおぼろげにでも決まった方には便利なサイトです。
家づくりを考える際、8割に上る人がメーカーのカタログを見てメーカー選びの判断に役立てたというデータが出ており、カタログをもらうやり方がほぼ必須であると言えるでしょう。

そうした不安を払拭するため、一括資料請求サイトの各自の便利機能やどのような方に訴求力が強いのか、他社提供の資料請求サイトとの違いを交えてご説明しますので参考にしてみてください。
資料請求を利用した際、マイホーム計画の有能な味方になってくれる自分の担当者を名指しで選ぶことは出来ないシステムです。実は資料請求のタイミングで申込者の担当が決まるのが大半です。
たいていの一括資料請求サイトは、全国エリアで営業するようなビッグな会社や同じく大きめの工務店がかなりの数で目玉になっているもの。
直接的な営業を避けたい人は、「電話や訪問による営業は不要です」とノーを突き付けてから資料請求すれば、何の手も打たないよりは直接営業される確率はかなり少なくなるので覚えておいてください。
自分に合った条件を選択して検索をかければ1社ずつ詳細に厳選することも一つの方法ですが、便利なサイトがあるのですからすべての業者を全部一気に資料請求の的にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました