相手がホームで待ち構えるこの2つの方法は時間も手間もかかる他…。

どうしようもなく入力すると、メーカーからの電話セールスと訪問営業が来て慌てふためくことになります。傾向としては、営業よりも作業で売る工務店よりは営業力で名前を売るハウスメーカーの方がダイレクトセールス率が高いという結果になります。
サイトの見積りサービスでは家の価格(1坪あたりの単価)のみならず、様々なところで家の購入に関わってくる諸費用込みでの最終費用を掴むことが出来るようになっています。
色々なルートで参考資料を入手することで、バラエティに富んだ立場や観点で家づくりの軸を捉えるお土産が付くので、予算をむざむざドブに捨てる致命的なリスクが限りなくゼロに近づきます。
ほとんどの場合、期待出来そうなメーカーを数社選んでから間取りプランの図面化、それから費用の見積りという進め方になり、中盤過ぎにやっと具体的な費用がお披露目されるひとつの山場を迎えます。
面白そうなブランドのメーカーが掲載会社の中にあった場合は、それ以外のメーカーの候補社も比較しながら3社を目安にアプローチすれば判断しやすくなります。

ちなみにですが、見積りしてもらえるサイトを使ったところで必要な資料すべてが満足に収集可能というわけでもありません。メーカー次第で資料の質や内容は異なるためです。
このサービスをタイミングよく使えばかなり早い段階で費用を判断材料に加えることが可能になるので、可能な予算を視野に入れつつ安全に相談先を選考出来るのです。
あくまでもネット経由のやりとりに収まるのがネックなので、対面で打ち合わせる方法で間取りや費用の参考提案を依頼するより提案の正確性が劣ってしまうのはやむを得ないことです。
家づくりを検討する人で時々自主考案の間取りを想像している人もいますが、しかし問題なく反映できる間取りなのか、予算内に収まるのかといった懸念すべき点もよくあるものです。
紹介したサイトの中で「タウンライフ家づくり」は間取りサンプルの制作や見積りサンプルの提案を依頼出来る反面、他のサイトと比較すると収録ハウスメーカーの数の面では見劣りします。

インターネットの情報検索は、一定程度家づくりのコツを学んでいるなら強力な切り札になるものですが、目的が定まっていなければほとんど無意味な操作コストと時間のリソースを消化試合のように片づけているだけです。
土地の図面はなくても構いませんが、土地の条件によって出入り口や採光部、部屋の間取りや配置が変わってくるので、所有済みの土地や未所有でも候補に含めたい土地があるならその土地の図面や情報も一緒にして申し込めばより正確なリターンがあります。
しかしユーザーの期待とは裏腹に、各住宅会社のカタログであろうと、詳しい購入費用や坪あたりの単価などはほとんど説明がない場合も頻繁に見かけます。
こんなやり方でまずはいったん前提となる間取り図面の形にしておけば、候補に上ったメーカー相手に毎回求めたい間取りを一から教える煩わしい手間をなくせます。
相手がホームで待ち構えるこの2つの方法は時間も手間もかかる他、おぼろげな検討の段階であることとは無関係にダイレクトな電話でのセールスや登録した住所への戸別訪問といった直接的な営業でグイグイ来られてしまうのがデメリットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました