さらに出色のポイントは…。

一括資料請求サイトを利用して資料請求した後は、各社の担当スタッフから資料が郵送されるのですが、ここでもらえる資料のパッケージ内容は必ずしも横並びではありません。
さらに出色のポイントは、ハウスメーカーそれぞれの費用を予想しやすくなる坪単価や過去の施工事例、間取りの参考例などがまとめて閲覧できるので、資料請求の効率化の手助けに一定範囲で候補に入れたいメーカーを選りすぐることが出来ます。
展示場にせよ公式HPにせよ時間や労力がかかることに加え、まだ1社に決めるには早い検討段階であることもお構いなしに家や携帯への電話や登録住所への訪問といった直接的な営業で押し込まれてしまうのがデメリットです。
郵送で送られてくる資料のごく一般的なパターンは、企業概要を書き並べた説明用カタログや施主予備軍をターゲットにした家の特徴をPRする自社ブランド住宅のPR用パンフレット、間取りの参考図面や自社で手掛けた住宅の紹介などの4つが主流です。
さらにもう一つ、サイト経由で依頼したサンプルの間取りプランや見積りは内容の正確性は保証されないため、最後の仕上げに依頼したメーカーで打ち合わせて希望に沿った形にリファインする必要があります。

ダイレクトに住宅展示場へ行ってみても最初に当たった営業スタッフが担当者でほぼ決まるのが普通ですが、そうした場合後から申し出ることで別の担当者に変えてもらうリニューアル策も可能です。
お手本となるデザインや間取りパターン、欲しい設備などマイホームをより素敵にするアイデアが見放題な部分でも、カタログのリターンは大きいのではないでしょうか。
掴みどころがない情報でも間取り・見積もり提案は依頼可能ですが、情報量にふさわしい完成度は避けられないので要望通りの間取りパターンや見積りパターンが出来ないといった、モヤモヤした結果に終わってしまいます。
ただのカタログを送って済ませる会社がある一方、間取りのサンプルや施工物件の事例を集めた資料、家づくりのコツが分かる教科書じみたオマケ本などもチョイスするメーカーも見かけます。
こちらも同じくサブ的な「タウンライフ家づくり」は、住宅のプロに理想の間取りのおすすめプランを書いてもらえるオリジナルのサービスが利用出来ます。

資料請求で業者のイメージを掴めたら実際に話を持ち込む選考候補を5社残るようふるいにかける取捨選択が必要になるので、予算とのマッチングやデザインの好みに合うかどうか、施主への気配りはどうかといった消去法的なやり方でギュッと絞って有効成分だけを抽出しましょう。
サイトの見積りサービスは家自体の価格(1坪の単価)以外に、その他諸々の家の新築にかかるコミコミの費用総額を確認することが出来るのもメリットです。
マイナー工務店の情報も集めたいという人は、一括資料請求から一旦離れて該当する会社の資料申し込みフォームからアプローチするなどストレートに模索してみることが唯一の手段です。
それに加え各資料請求サイトの収録業者の中には、望むエリアでは建設工事不可能な会社や施工業者なのに検索ヒットにしれっと潜り込んで表示されるところもあるのがネック。
この防御策を実行して、それでも図太く禁断の自宅営業を無理にかけてくるトンデモ会社はコミュニケーション能力に乏しい担当者がいるらしいので、悪質と断定するための勉強として前向きに活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました