先に紹介したタウンライフ家づくり間取りのサンプル資料や見積りプランを依頼出来るかたわら…。

このサービスでいったん前提となる間取りプランを図面に起こしておけば、検討したいメーカーそれぞれに求めたい間取りを話す煩わしさを回避できます。
今回はそうした人へのアドバイスとして、資料請求や一括見積りがあるサイトの弱点や失敗せずに済む使い方のコツを大公開します。
資料を送ってもらうためにも申込者の名前や住所の通知はどうしても必要ですが、営業を見越した電話番号や時には年収などの付帯情報を求められることもあり、入力を拒否すると資料請求を申請出来ないのです。
候補に挙がる優れたメーカーがサイトに載っていないケースでは、別に探したメーカーの住宅展示場の営業スタッフに間取りプランや見積りといった情報提供を頼むのが近道になります。
ちなみにですが、一括見積り機能付きのサイトとはいっても資料が全部満足にゲット出来ちゃうというのはまず無理です。ハウスメーカーによって対応可能な資料は変わるからです。

見逃しのないようにメーカー住宅を検討対象に含めたい方は、大手の有名な一括資料請求サイトと併用して持ち家計画っぽさ全開のレアな資料請求を目の当たりにしてください。
このディフェンステクニックを実行して距離を置き、それでも無遠慮に直接営業を敢行してくるハウスメーカーはコミュニケーション能力に乏しい担当者がいるらしいので、有罪判決を叩きつけるためのいい経験としてポジティヴに活用しましょう。
資料請求の一般的な集め方としては、住宅展示場に乗り込んで担当者からもらう他にメーカーごとのセールスサイトや、まとめて資料請求出来ちゃうサイトを活かすといったような方法があります。
有名ハウスメーカーの取り扱いも手を抜いてはいませんが、ユニークな特徴としては地域に密着した地元営業の工務店にも気を配っている資料請求一括サービスといった作りです。
しかし気になる点もあり、かなりの資料請求サイト利用者はその会社の営業スタッフから自宅への電話や訪問による対面などの想定外の直接営業をされたという体験談をサイトユーザーの掲示板などで暴露することがあります。

目の前にあるマイホーム実現計画のプランニングが始まったら覚悟を決めてバリエーション豊かな登録メーカーの資料を欲張り気味に探し求めて家づくりのタッグパートナー選びに思わぬ落とし穴を作ってしまわないように意識しておきましょう。
先に紹介したタウンライフ家づくり間取りのサンプル資料や見積りプランを依頼出来るかたわら、他社の資料請も求サイトよりも掲載されているハウスメーカー数は後塵を拝しています。
多くの場合、メーカーを数社に絞り間取りの図面化、その後で見積りという流れになりやすく、前半が終わってからやっと費用と対面する展開になります。
ダイレクトな営業行為を望まない場合は、「電話・訪問での営業はお断りします」とノーを突き付けてから資料請求すれば、何の手も打たないよりは直接営業が来るケースはかなり低めに出来ます。
想定する条件を条件入力フォームで選択して…検索!(ポチッ)で1社ごとにピンポイントな情報を調べることが可能ですが、せっかくの機会ですからすべての登録会社を全部一気に資料請求するとしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました