サイト頼みの資料請求とこちらもサイト上の一括見積りだけでは不完全な情報に収まってしまうのは致し方ありませんが…。

送付される資料の主な構成は、会社自体のPRを目的としたメーカーカタログや要点だけをかいつまんだ家の紹介が書かれている家のタイプなどを紹介するパンフレット、間取りのイメージサンプルや施工サンプル紹介などの4つが主に使われます。
ハガキを直接送ったりFAXから各社のカタログを請求することが可能なので、手すき次第カタログを請求して情報を補完しておくと、要領よく有益な情報をゲット出来ます。
サイト頼みの資料請求とこちらもサイト上の一括見積りだけでは不完全な情報に収まってしまうのは致し方ありませんが、判断基準が分からないうちは条件に合うメーカーを絞り込む便利ツールたり得ると言えるでしょう。
これはと思える優れたメーカーがサイトでリストアップされていない時は、各社の住宅展示場に行って間取りプランの作成や見積りといった判断材料をくれるよう願い出るという方法があります。
お金を出して住宅マガジンを買い漁って情報を仕入れることをせずとも、フォーカス範囲が狭く深いカタログには水回り他重要設備のフレッシュで目新しい情報が鮮明なイメージ写真と詳細な解説付きで盛り込まれています。

予定地の土地図面は任意ですが、土地のある場所や周囲の環境で玄関や窓の場所や数、部屋のレイアウトが変わるため、所有地や未所有でも購入を検討している土地がある方はその土地の図面なども示して依頼するのがオススメです。
さらにもう一つ、サイトで出された間取りプランのサンプルや予想見積りが正確性は保証されないため、その穴埋めとして各会社でヒアリングを受けながら理想に近い物井ブラッシュアップする必要があります。
シンプルにカタログだけを送って済ませる会社がある一方、間取りアイデアのプラン集や施工事例のサンプル、家づくりのいろはが分かる教科書っぽい冊子などをセットに入れてくれる良心的なメーカーもあったりします。
サイトの見積りサービスでは家の価格(1坪いくらの単価)以外にも、色々なところで建築に関わってくるコミコミの費用総額を調べることが出来る仕組みになっています。
しかし気になる点もあり、かなりの資料請求サイト利用者はその会社のセールススタッフから自宅や携帯への電話や直接訪問による想定外の直接営業をされたという口コミを書いている人もネットのBBSなどで愚痴るケースもあります。

もうひとつ一括資料請求サービスサイトの登録済み業者の中には、利用者が求めるエリアで施工可能な組織力がない会社や工務店にもかかわらず検索のヒットにしれっと入りこんでいる業者もあるのが泣きどころです。
普通、気になったメーカーを数社キープして希望する間取りの図面化、そして見積り提示という流れになり、中盤過ぎにやっと具体的な費用と対面するということになるのです。
資料請求の申し込み時、マイホーム大作戦の頼れるパートナーになってくれる自分の担当者を名指しで選ぶことは出来ないのが不安なところ。実は資料請求のタイミングでその人の担当者が会社側で決められる場合がほとんどだからです。
しかしユーザーの中には、たくさんある一気に資料請求出来るサービスの中からどのサービスを使うべきなのか決められないといった方もかなりいると予想出来ます。
メーカーカタログには、料金いらずで差し出すには豪華すぎると言ってもいいほど、家づくりのプラスになるハウツーやサンプルが多数詰まっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました