カタログ集めのコツで肝に銘じるべきなのは…。

一括資料請求サイト上で資料請求した時、各メーカーの営業担当スタッフから自宅宛てに資料が郵送されますが、ここでもらえる資料のセットの内容は担当者の個性が出ることもあります。
家づくりプロジェクトのスタートラインと言える女房役のハウスメーカーの厳選作業はキーポイントです。必ず成功させるためにも、資料請求可能な機会を効率よく活用させてもらいましょう。
高鳴る胸の鼓動を抑えてハートを撃ち抜かれそうな業者へ資料請求に踏み切っても、後で無残にも気の利かない担当者から「当社では施工出来ないエリアです」などと夢をリセットされる嬉しくないビフォーアフターもないわけではありません。
カタログ集めのコツで肝に銘じるべきなのは、ワンパターンに陥らずに色々なルートを活かしてマイホームの糧になるカタログを収集する柔軟な思考です。
しかしそれなりに、検討初期に効率的な羅針盤として考慮に入れる程度のレベルとして参考になるので、過度の期待はせず作成申し込みをするのが無難です。

そしてもうひとつ、資料請求サイトの登録会社の中には、希望する地域で施工出来ない住宅ブランドや工務店であるのにもかかわらず検索ヒットに弾かれずに表示されている会社もあります。
タウンライフ家づくり間取りプランの制作や費用見積もりの提案をウリにする反面、他社の一括資料請求サイトよりも登録社数のほうは一歩及びません。
一括見積りサイト上で見積りを頼んだ場合受け付けたメーカーのサイト担当者から電話などで連絡が来るので、直接ヒアリングを受けながら自分に合わせた見積りを作ってもらう流れになります。
この方法で確実に遂行して、それでも無神経に自宅営業をどこ吹く風とばかりにやってくるトンデモ会社はユーザー軽視の担当者がいるので、悪質と断定する判断材料に一晩寝たら忘れましょう。
これを回避するためには、資料請求する時に「2000~2500万円」などなど、希望予算で請求先の会社をリストアップ可能なサイトから資料請求するといいでしょう。

よく耳にするハウツー論で間取りプランの策定や料金見積りを実際に頼む時の効率的なやり方は、3~4社程度に絞り込んで比較検討してみるのがいいと書いてあるのをよく見ます。
面倒な資料請求を一括で出来ちゃうサイトははたから見ると慣れないと使いにくいように感じることもありますが、上手く使えば意外と手間を省けるネット社会の産物なのです。
資料請求するおまけののメリットとして、資料の準備の良し悪しやカスタマー対応の早さ、スマート感など、家づくりを任されている各メーカーの担当者の正確も察知出来るのを知っておきましょう。
あくまでもネットだけで略式に済ませるパターンですから、担当者に面会して相談するやり方で間取りや見積もりの参考資料を願い出るよりはもらえる提案が下回るのは致し方ないでしょう。
ネット経由のやりとりのみで間取り作成や費用見積もりの提案を依頼することは通常不可能なので法外な要求を突き付けないように気を付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました