さらにもう一つ…。

しかし消費者の中には、多くの業者が展開している資料請求を一括でさせてくれるサイトのうちどの会社のサイトを選ぶべきなのか途方に暮れてしまうといった方も少なくないと推察出来ます。
複数社へ一気に資料請求出来るサイトは、日本全国のハウスメーカーから身近なエリアの工務店まで個性豊かな関連企業のデータが集められ、気になる会社の資料をキープできます。
有名ではないご当地エリアのハウスメーカーやローカル工務店でも、千載一遇のチャンスを得られればファミリーにとって夢を現実にするような目からウロコの提案をカタチにしてくれるプロ集団、というマッチングもあり得ます。
一方で、ネット完結の一括資料請求はたった1回の入力操作で気になったメーカー資料をまとめて収集出来、さらに自宅の机の上で煩わされることなく夢のマイホーム妄想に浸れます。
一括見積りサイトを使って見積り作成を依頼した場合申し込み先のメーカーの営業担当から申込者に連絡があり、詳細なヒアリングを挟みながら希望通りの見積りを作ってもらう運びとなります。

ところが失敗例もあり、かなりの資料請求サイト利用者はその会社のセールス担当者から家への電話セールスや直接訪問による営業をされたという口コミなどのレビューも評価掲示板やスレッドなどで公開することがあります。
CMでおなじみの「スーモ」もライフルホームズに比肩し、おおよその費用ラインや間取りごとのパターン、住性能、デザインパターンなどでメーカーをクローズアップして検索結果を出せるシステムになっています。
様々なルートでカタログやパンフレットを集めることで、見逃しの少ない知見に支えられながら家づくりの造詣を深める勉強になるので、ミスをしてしまう致命的なリスクを抑えられます。
さらにもう一つ、サイトで頼んだ仮の間取りプランや見積り費用がその内容に保証が得られないので、その穴埋めとして各メーカーで打ち合わせをしてより正確にブラッシュアップする必要があります。
こうした手段でひとまず理想的な間取りを作っておけば、選択肢に入れたいメーカーの担当者に毎回要望したい間取りを一から話す煩わしさを防げます。

これはと思う出色のメーカーがサイト上にない際は、別途リサーチした会社の住宅展示場を訪れて間取りや見積りなどの情報を相談するのがいいでしょう。
これだと思う条件をてんこ盛りにして検索をかければマッチした会社の情報をピンポイントで絞り込むことをしてもいいのですが、せっかく便利なシステムがあるのですからすべての関連登録業者を選んでドドーンと資料請求してみましょう。
こちらも同じくサブ的な「タウンライフ家づくり」は、ハウスマイスターに家の間取りのサンプルを親切丁寧に作成して提案してもらえる異色ののサービスがオンリーワン。
サイトの一括資料請求機能と見積りサイトではどうしても限界があるものですが、情報集めの初期段階では理想のハウスメーカーをリストアップしやすい身近な手段の最有力候補程度には有効です。
特に印象が良かったハウスブランドがあったり、良いヒントになりそうなメーカーイベントや実物のイメージを見てみたい建築サンプル、展示場が決っている方にはとても便利な有能サイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました