見積りサイトのサービスで見積りを頼んだ場合作成を依頼したメーカーの担当者から連絡が入り…。

見積りサイトのサービスで見積りを頼んだ場合作成を依頼したメーカーの担当者から連絡が入り、直接話し合いながら希望通りの見積りを作ってもらう段取りになります。
SUUMOやホームズなどの資料請求一括型のサイトは、全国に多数存在する住宅メーカーや工務店の営業資料を一息に請求できるためまさに文明の利器といった家づくりの最終兵器なのです。
ブラウザ経由の連絡のみで間取りや料金プランを受け取れることは不可能なので法外な要求を突き付けないようにしてください。
ユーザーが望まないダイレクトなアプローチを手あたり次第に行う業者は、モラルそっちのけの営業姿勢、と悪質業者を見極めるための判断のポイントとして考慮するのも失敗しないための利用法です。
同じ会社でも担当者次第でユーザー対応の質が大きく変わります。資料請求サイトは相手側スタッフと情報を集められることと引き換えに、担当者を選べないことが欠点になるのです。

掴みどころがない情報でも間取り・見積もり提案は作ってもらえますが、材料の質と量にふさわしい完成度にしか出来ないので理想を汲んだ間取り図や見積りパターンの提案が出されにくいという結果に終わってしまいます。
一括資料請求サイトの大半は、全国規模で展開するよく知られている住宅メーカーややはりビッグな工務店がかなりの確率で扱われているのが一般的。
請求者情報入力画面の備考などを記入する欄に「電話あるいは訪問といった突っ込んだ売り込みを目的とする営業はご遠慮ください。」と書いて申し込めば、節度をわきまえた資料請求担当者は営業なしで資料だけを送ってきてくれます。
資料請求サイトから資料請求した際、各メーカーにいる営業担当スタッフから資料が自宅に届くのですが、この後手元に届く資料のセットの質や量には必ずしも横並びではありません。
見逃しのないように住宅関連企業を候補に含めたい方は、有名な一括資料請求サイトのサブ的な使い方で持ち家計画の特性を生かした堅実な資料請求をぜひお試しください。

資料を郵送してもらうためにも名前や送付先住所の通知はどうしても必要ですが、営業用の電話番号や年収額の記入を求められるケースがあり、入力を拒否すると資料請求させてもらえないシステムになっています。
どちらの方法にせよそれなりの労力がだけに留まらず、不確定な検討段階から否応なく電話セールスや自宅訪問などの直接営業でグイグイ来られてしまうデメリットがあります。
有限の時間の中でスムーズに夢の家づくりを成功させるためにも、タダでカタログを手に入れることは、言うまでもなく当然のことと言えます。
しかし、多くの資料請求サイト利用者はその会社の営業スタッフからサイトに登録した番号への電話や戸別訪問の営業行為を受けたという利用者レビューをネット掲示板などで愚痴ることもあります。
さらにもう一つ、サイトで出されたサンプル形式の間取りプランや費用見積もりは正確性が担保されていないため、その穴埋めに依頼したメーカーでヒアリングを受けてより確実なものに詰めていく必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました