小規模工務店の情報も逃したくない場合は…。

間取りのサンプルや概算の見積りを出してもらうためには、ある程度具体的な間取りや予算額の要求事項を教えることが必要なため面倒などと思わずに足元を固めておきましょう。
名前を知られたハウスメーカーの掲載例も枠が確保されていますが、ユニークな特徴としては地域ごとの地元営業の工務店にもクローズアップしている補完的な一括資料請求サイトといった作りです。
カタログの請求でのキーポイントは、視野を広くとりながら多種多様な手段を生かして住宅メーカーのカタログをかき集める頭の柔らかさです。
ひとまとめに資料請求出来るサイトは印象としては注意点も多いように感じる人もいますが、上手な使い方を知っておけば意外とユーザーライクなネット社会の産物なのです。
どちらの手段も時間や労力がかかることの他に、おぼろげな検討の段階であることとは無関係に電話を通した営業や玄関先への訪問といった肉薄営業をかけられてしまうことも日常茶飯事です。

家づくりをスタートするのにネット経由の一括資料請求に目を向けたくない場合、メーカー開催の展示場へ足を向けるか、メーカー公式ページをリサーチして資料を申し込むかの二者択一になります。
どのような構成で家づくりを進めるのかによってその費用は全く違ってきます。理想をしっかり反映させてくれるパートナーと出会うためにも、カタログなど各種資料を申し込むのがいいとアドバイスしておきます。
マイホームを求める人で自分の間取りを頭の中に用意している人もみられますが、それで不都合なく投影可能な間取りなのか、予算内に収まるのかといった不安視するポイントも沸き起こってしまうものです。
ホームズやスーモと比較すると収録されているハウスブランドのラインナップこそ比肩するに足りませんが、そのふたつがカバーしていないブランドやローカルのマイナーながら腕は確かな工務店などを掲載しているのが特徴です。
家に届く資料の主な内容は、会社の概要が載っている企業紹介用カタログやおおまかな家のPRが書かれている自社住宅のアピール用パンフレット、間取りのパターンや施工物件の事例集の4種セットが多いようです。

申し込み画面のその他記入欄に「資料送付以外の電話や訪問による直接的なアプローチは今は必要としていませんので、ご遠慮ください。」と書いておくと、きちんと考えてくれるメーカー担当者は資料だけを届けてくれます。
ハガキまたはFAXで各メーカーのカタログを請求出来るため、空き時間でカタログを集めつつ情報収集すると、ムダなく使える情報をコレクションできます。
今回はそうした人へのアドバイスとして、一括資料請求機能や見積りがあるサイトのありがちなデメリットや心配無用の使い方のポイントを大公開してみようと思います。
小規模工務店の情報も逃したくない場合は、一括資料請求から一旦離れて該当する工務店のホームページで直接アプローチするなどダイレクトに工夫することが必要。
もうひとつ各サイトの掲載メーカーの中には、望むエリアで着工できない住宅ブランドや工務店にもかかわらず検索ヒットに入ってくる会社もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました