そうしたデメリットをわき目に…。

そうは言っても、多くの業者が展開している資料請求をまとめて出来るサイトの中からどれを利用すべきか選べないなどという方も多数存在すると予想出来ます。
そうしたデメリットをわき目に、ネットで完結可能な一括資料請求は1回の入力操作で知っておきたい住宅会社の情報を最低限入手可能。しかも自分が落ち着ける場所でゆっくりと検討作業を楽しめます。
今回はそうした人へのアドバイスとして、一括資料請求または見積りサービスがあるサイトの弱点やミスのない使い方のコツを大公開します。
小さい工務店の情報も入手したい時には、一括資料請求から離れて該当する会社の申し込みフォームから直接当たってみるなどダイレクトな手段で求めることが必要。
相手のホームグラウンドに飛び込むこの2つの方法は時間も手間もかかる他、まだ1社に決めるには早い検討段階にもかかわらず電話での営業や訪問などの踏み込んだ営業で追い詰められてにまうケースも枚挙にいとまがありません。

「ホームズ」などが有名な一括資料請求サービスがあるサイトは、バリエーション豊富なメーカーや施工業者の広報資料をオールインワンで請求出来ちゃうスグレモノなのでIT文化の産物といったネットサービスの白眉なのです。
請求者情報の特記欄に「電話・訪問による直接的な営業は控えていただくようお願いします。」と書いて不要の意思を示しておくと、お客様主義の企業は営業せずに資料のみを送付してくれます。
さらに特筆すべき点は、ハウスメーカーごとの坪あたりの単価や、過去に手掛けた施工事例、間取りの参考例などがまとめて閲覧できるので、資料請求の前の準備に多過ぎない範囲で残したいメーカーをふるいにかけられます。
印象に残る本命メーカーがサイトで見つからなかった際は、別途リサーチした会社の住宅展示場の担当者に間取りプランの策定や見積りといったサポート情報を相談するしかありません。
しかしそれなりに、計画の初期のステップで気軽に情報集め出来るデータベースとして活かす程度のクオリティで参考とし得るものなので、その程度の認識でプランの作成依頼するのが安心です。

電話・訪問営業を望まない人は、「自宅への電話・訪問営業はお断りしています」と意思表示して資料請求を申し込むと、断りを入れないよりも直接営業が来るケースがかなり少なくなることを覚えておいてください。
このサービスを上手く使えばまだ余裕があるうちに費用を知ることも容易なので、現実的な範囲の予算を視野に入れつつ取り越し苦労の心配なく相談先を選定出来るのが福音です。
さらに、見積り請求出来るサイトであっても必要資料のすべてがバッチリ揃えられるというわけではないのです。各社それぞれ資料のバリエーションは変わります。
これは家づくりの実情が関係しており、オーダーメイドの住宅は敷地所在地の環境や建てる家の床面積、設備の種類や間取り次第で坪単価が変わるので、実際的な費用についてはカタログの情報だけでは、判然としないでしょう。
一括資料請求のサイトは利用者ごとに印象を持たれているのが実情ですが、業者のデータを手に入れることを考えるなら大切であり利便性に優れるものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました